肖像:遠藤雅夫

東京生まれ。東京藝術大学大学院修了。日本音楽コンクール入選、音楽之友社作曲賞受賞、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。石桁真礼生、林文夫、丸田昭三、末吉保雄の各氏に師事。91年<国際現代音楽祭ISCM・チューリッヒ>、93年<チューリッヒの日本>、98年<クラコフ音楽週間>、99年ルーマニア<日本芸術週間>などに参加。2002年9月「日本ルーマニア国交100周年記念音楽祭」にヴァイオリン協奏曲<豊饒の渦>が招待された。06年2月、ミュージックフロムジャパンニューヨーク公演で委嘱作品<精神の沐浴I>尺八と二十絃のためのが好評を博した。現在、日本現代音楽協会理事・広報部長、日本ロシア音楽家協会運営委員。

主要作品
1977 <風の回廊>リコーダーとギターのための  
1986 <西風は翼をひろげ>ヴァイオリンと管弦楽のための  
1997/98 <スターバースト>ピアノのための  
1999 <風の塔>尺八と管弦楽のための  
2000 <時の庭>-尺八,ヴァイオリン,コントラバスによる,3つの尺八本曲を取りまく響きの交わり-  
2004 <線の迷宮>管弦楽のための  
2005 <那珂太郎の詩による三つの歌曲>  
2006 <風の行方...>五奏者のために